2017年10月14日土曜日

ThinkPad S1 YOGA(2014年モデル)のタッチパッドを交換した話


自分が使っているThinkPad YOGAのSSD交換について検索していたところ、下記の記事でX250の使われているタッチパッドが付けられることを知りました。

Lenovo ThinkPad S1 Yoga 改良

早速やってみたので、自分の言葉で手順と感想を残します。

なお、交換はご自分の責任でお願いします。

使ったもの

ThinkPad S1 YOGA

作業対象のPCです。
2014年の5月に買いました。
電源をOFFにして、電源ケーブルを抜いておきます。

変えのタッチパッド

amazonで買いました。



小さいプラスドライバー

ThinkPadのネジを外すのに使いました。

キリ(または小さいマイナスドライバーか、細い何か)

タッチパッドへのケーブル取り付けに使いました。

交換方法

電源を切って電源ケーブルも抜いたThinkPadを裏返し、ネジを外します。


ネジを外したら、蓋を外します。


バッテリを固定しているネジを外します。


抜くのが面倒そうなケーブルだったので、ケーブルで接続したままバッテリを折り返して、タッチパッドの裏側が見える状態にしました。


タッチパッドを固定しているネジを外します。


ケーブルも外します。
一部両面テープで固定されていましたが、固定したまま作業を進めるのが難しかったので、それも外しました。


ネジとケーブルを外したら、キーボードの付いている面からタッチパッドを外します。
ネジで固定していた部分を飛び出させ、ネジ穴の方向にスライドさせると外せました。


右が取り外したパッド、左が新たに取り付けるパッドです。


新しい方のボタン部分が、元のパッドより少し高くなっているようでした。


取り外した要領と同じように、新しいパッドを取り付けます。

他のブログでも書かれていたのですが、新しいパッドにケーブルを取り付けるのが一苦労です。
ケーブルだけでは曲がってしまい、うまく取り付けられません。
そのため、自分はキリをケーブル両端のくぼみに引っ掛け、コネクタに押し入れました。


その他は取り外す時と逆の行程で取り付けられます。
少し背の高かったボタン部分は、ボディの形状とマッチしていて、まるで最初からこの仕様だったかのようです。


交換の行程は以上です。

交換してみた感想

新しいパッドにコネクタを繋げる部分が難しかったですが、その他はネジ回しと部品の移動なので、HDDやSSDを交換するような感覚で交換できました。
(X240などは、パッドが両面テープで固定されているようなので、もう一苦労必要なようです。)

交換してみて個人的に感じた、良くなった点と悪くなった点を挙げます。

良くなった点
  • 以前のパッド+Linuxでは難しかった、赤ポチでのPC操作が可能になった
  • 物理ボタンができたため、マウスポインタを動かさないままクリックができるようになった

悪くなった点
  • タッチパッド上部がボタンになるため、タッチ操作をする場合は以前よりも手をパッド下部に移動させなければならなくなった
  • パッド下部に遊びが以前のパッドより大きくなったため、下部に触れると若干音が出るようになった

少し悪くなった部分はありますが、それでも物理ボタンがあると便利な場面が思い浮かぶので、これくらいの悪化は個人的に許容範囲です。
物理ボタンが無いパッドに不満を感じられている方は、交換されてはいかがでしょう?

共有する情報は以上です。

0 件のコメント :

コメントを投稿