2013年7月8日月曜日

農業用ロボットについて

農業用ロボットについて調べてみたところ,興味のある事例がいくつかあったのでまとめてみます.


アイガモロボット

稲の間に生える雑草を踏み潰してくれます
それだけでも嬉しいですが,腕が付いて,走るだけでは取れない雑草を除去してくれたら最高です.

なす収穫ロボット


自分が作ろうと思っていたロボットの形の1つだったので,先を越された気がしました. 
2002年のPCのスペックで50%の収穫率を実現しています.
KinectやXtionなどの深度が取れるカメラを使えば,もっと収穫率が上がると思います.

GPSを利用した自動運転トラクター・田植え機

北海道大学や中央農研などで研究が行われています.
人間はGPSを使わずに畑を耕せているので,個人的に画像処理だけで自動化してほしいところです.



その他いろいろな情報がJ-Net21に書かれています.

自分が作りたいと思っている「みかん収穫ロボット」というものが世の中に出回っているらしいのですが,自分のネット検索では情報が集まりませんでした.
情報を知っている人は教えていただけると嬉しいです.

0 件のコメント :

コメントを投稿