2017年2月7日火曜日

KiCadでネットファイルから取り込んたフットプリント部品を散らばらせる方法


便利な方法を教えてもらったので、メモを兼ねて共有します。

背景

KiCadでネットファイル(ネットリスト?)をフットプリント配置画面で読み込むと、フットプリントが重なっていて、操作しにくいです。


解決方法

「Spread out All footprints」を実行して、重なっている部品をバラけさせます。

手順

上のバーの部品マーク(Mode footprint)を選択してください。
配線モードなどになっていると部品をばらけさせるモードが呼べないので、右のバーの矢印をクリックして部品を選択できるモードにしておきます。


上記のモードに切り替えて編集画面(黒い部分)で右クリックをすると、フットプリントを重ならないように散らばらせるメニューが選べます。
[右クリック] -> [Global Spread and Place] -> [Spread out All footprints] を選んでください。


「固定されていない部品は基板上にあっても移動されるけど良いか?」という旨の警告が出ます。
移動されたら困る部品がある方は「いいえ」を選択してその部品を固定し、基板を作り始めなど問題のない方は「はい」をクリックしてください。


成功すると部品が散らばります。


部品が重なっていると特定の部品を移動させるのが難しいので、この状態になってくれるのは個人的にとても嬉しいです。

メモは以上です。

0 件のコメント :

コメントを投稿