2017年1月31日火曜日

raspberry piで5インチのタッチLCDを使う方法


備忘録を兼ねてメモを共有します。

使ったもの

LCD

下記のページで購入しました。

5インチHDMIタッチ液晶

画像表示はHDMI経由、タッチ情報はSPI経由でraspberry piとやり取りするパネルです。

raspberry pi + raspbian jessie

LCDはB+と3で動くことを確認しました。



B+の場合は、wifi接続するためにBUFFALOのUSBドングルを利用しました。

USBキーボード

タッチパネルでの文字入力方法を自分は知らないので、有線のキーボードを使いました。

ちなみに、自分のおすすめするUSBキーボードはThinkPadのUSBキーボードです。
マウス機能も付いているので、USBポート一つでキーボード機能とマウス機能を使えます。



設定方法

LCDのメーカーが保守しているドキュメントに沿って設定します。
5inch HDMI LCD

/boot/config.txtにUSB経由の電気供給量を増やす設定を記述します。
/boot/config.txt
max_usb_current=1

/bootにLCDのファイルを設置します。
20161221時点では、下記のurlが最新のようでした。
cd /boot
sudo wget http://www.waveshare.com/w/upload/4/4b/LCD-show-161112.tar.gz

5インチLCDの設定を実行します。
このコマンドを実行すると、自動的に再起動します。
cd /boot/LCD-show
./LCD5-show

縦向きに使いたい場合は、90を渡して実行します。
cd /boot/LCD-show
./LCD5-show 90

以上です。

0 件のコメント :

コメントを投稿