2015年2月14日土曜日

ThinkPad Bluetooth Keyboardを分解してみました


「t」「y」「Windows」などのキーが動かなくなったので、分解して修理を試みました。


まずは表から。


はい、表からでは何が悪いのか分かりません。



ネジ止めはされていないみたいなので、こじ開けていきます。


開きました。
NFCのための基板が右下にありました。


粘着テープとの格闘の末、キーが付いている部品をフレームから外しました。


電池は3.7v 500mAhでした。


メイン基板です。


キーが付いている部品は、金属の板が接着されていました。
強度を増すためでしょうか?
CFRPプレートにして軽量化してもらえると嬉しいところです。


キーが付いているパーツの黒いシールの下は、金属でした。
2013年3月11日に作られたみたいです。


固定しているプラスチックを折りながら、表面のカバーを外していきます。


マウスのボタンも外します。


引き続き、こじ開けます


取れました。


ボタンを外します。
基本的に上から外します。
ボタンによっては横から外します。


外れました。


ボタンを固定するパーツも外します。


外れました。


ボタン関係の部品を外したら、金属版からシートが剥がせます。


裏側の配線のどこかが悪いと思うのですが…自分には原因箇所が分かりませんでした。


結局修理は出来ませんでしたが、仕組みが理解できて楽しい作業になりました。




2016/1/25追記
ちなみに、bluetooth版が壊れたため、usb版も買いました。
見た目の違いは、deleteキーの横にスライドボタンが無いのと、裏側のシールの内容くらいです。



bluetoothの電波状況に左右されないので、個人的にはusbタイプの方が使い勝手が良いと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿